「2011年11月」に追加されたスポーツ言葉

鳥肌が立った。自分が一番興奮している。いろいろ言われてきたので、見返そうとやってきた ~ 松田宣浩
ソフトバンクホークスの松田宣浩が今までの短距離決戦の不振を振り払う代打でのグランドスラムを放った日のコメント。
オレも、巨人を相手にする試合とか、魂をぶつけていた ~ 星野仙一
星野仙一がマーくんの『雄叫び』を全面擁護。
長いことサッカーを続けてきたけど、自分のケガを疑われた時ほど心が痛んだことはなかった ~ カカ
サッカー選手であるカカが受けた選手人生最大の屈辱を語った言葉。
名刺を取られて無一文になったが、心は晴れ晴れとしています ~ 清武英利
反乱を起こした人物の解任直後の心境が語られた言葉。
シリーズは3つ負けられる。その3つ目を負けたということ ~ 落合博満
中日の落合博満監督が日本シリーズで王手をかけられた試合を「ただの1つの敗戦」と振り返ったコメント。
サッカーで同じ場面は起こらない。だが、その中からパターンを見出し、練習で近い状況を再現して、体に覚え込ますことが大事なんだ ~ イビチャ・オシム
サッカー監督イビチャ・オシムが語ったサッカーにおける「パターン」の重要性。
凡人の戦いは食事から始まる ~ 長谷部誠
サッカーの日本代表主将・長谷部誠が語る、食事管理の大切さ。
「猫ひろし」改め「チュマール(カンボジア語で猫)ひろし」でした ~ 猫ひろし
ロンドンオリンピックを目指した猫ひろしのカンボジア国籍取得時のツイート。
サッカーを理解するには、インテリジェンスが必要だ。しかし、誰でも適切なアドバイスを受ければ、サッカーを見る目を変えられる ~ フース・ヒディンク
オランダ人サッカー監督フース・ヒディンクが語るサッカー観戦術の学びの要点。
契約書通り。この世界は、そういう世界 ~ 落合博満
落合博満監督が2011年限りで解任された際の自身のコメント。
勝とうと思ったら、あと1歩、あと1センチに手を抜くな ~ 岡田武史
メンタルの重要性を説いた岡田武史の「勝負哲学」。
入れ込むのが基本ですね。入れ込むのが平常心みたいな ~ 本田圭佑
本田圭佑が語るゲームに向けての集中の仕方。
目は細いけど視野は広いです ~ 鄭大世
サッカー北朝鮮代表選手である鄭大世のユーモアあふれる自己紹介。
「俺ならできる」呪文のように自分に言い聞かせてました。 ~ 本田圭佑
サッカー選手である本田圭佑が常に意識している「信念」となる言葉。
コーチや彼らの指導を受ける選手を裏切り、ひいてはファンをも裏切る暴挙ではないでしょうか ~ 清武英利
巨人の清武GMが渡辺恒雄氏に起こした反乱会見の言葉の1つ。
いいアマチュア選手と真のプロフェッショナルの試合だ ~ モハメド・アリ
ボクシングの元世界ヘビー級チャンピオンであるモハメド・アリがジョー・フレージャーと初めて対戦する際に放った言葉。
ウザさ・しつこさがないと世界では戦えない ~ 川澄奈穂美
なでしこの川澄奈穂美が「ジャンクスポーツ」出演時に言った言葉。
今回のケガで3に何を足したら6になるのか?それが『3』であるということがはっきり分かった ~ 本田圭佑
サッカー日本代表の本田圭佑が「怪我の功名」について語った時の言葉。
« 1  2

関連リンク

あわせて読みたい