「2011年12月」に追加されたスポーツ言葉

成功したらどうしようとは考えていますが、失敗することは全然考えてないです ~ 武豊
競馬界のスーパージョッキー武豊が語る「成功と失敗」に対する考え。
朝、目が覚めた時、もしその日一番やりたいことがサッカーじゃなかったら、私はその日に引退する ~ 宮間あや
なでしこジャパンのMFの中で中心的な存在である宮間あやが引退について語った言葉。
レイソルを応援するのは柏市民の義務です ~ 小宮山悟
元プロ野球選手である小宮山悟さんが柏レイソルへかけたクラブへの愛ある言葉。
ゴールを決めたとき、サッカーの神様が降りてきたような感覚を持ったんです ~ 澤穂希
女子サッカー選手である澤穂希が語る「ワールドカップ2011 決勝」で同点ゴールを決めた時の心境。
全てがうまくいくと、ハンマーの重さがゼロになる。重さを感じないんです ~ 室伏広治
男子ハンマー投げの競技にて、オリンピック・世界陸上ともに金メダルを獲得している室伏広治選手が到達したゾーンの境地。
信念と夢は絶対に崩れることはない。自分の将来へのプラン、強い思いは変わらない ~ 香川真司
サッカー選手である香川真司が不調であるときも意識している「信念」と「夢」。
『いつも通り』というのが今、大切にしている言葉です ~ 浅田真央
フィギュアスケートの浅田真央が、母の死去の影響を感じさせない「平常心」を貫く心境を語った言葉。
フットボールはMFのものだ ~ ジョゼップ・グアルディオラ
FCバルセロナを率いる監督グアルディオラが、サッカーにおける「ミッドフィルダー」の重要性を表現した時の言葉。
あっという間に終わってしまいました。悔しいですけど、『自分の出来ることは出来たかな』と思います ~ 浅田真央
バンクーバー五輪で銀メダルを獲得した浅田真央選手が、涙を流しながら話した悔しさ溢れるコメント。
本当のプレッシャーはゴール前やピッチにはない ~ ディエゴ・マラドーナ
一流のフットボーラーであるディエゴ・マラドーナが語る本当の意味での「プレッシャー」。
生活のちょっとしたことから改めて、まともな人間になりたい ~ 原口元気
浦和レッズ所属のサッカー選手である原口元気のチームメイトへの暴行謝罪会見での言葉。
打ったら拝まれる。三振やったらドヤされる。振らなきゃどっちもない ~ 清原和博
プロ野球選手である清原和博が語る「プレッシャー」についての言葉。
オグリキャップ復活、ラストラン。神はいる。そう思った。 ~ JRA
2011年の有馬記念TVCFで用いられた、名馬オグリキャップを引用したキャッチコピーです。
やっぱりスポーツ選手は世界に出なきゃいけないとつくづく思いました。行かなきゃ、何もわからないんです ~ 野茂英雄
メジャーリーグという「世界」に挑戦した野球選手・野茂英雄の言葉。
理想のカラダはケモノのようなカラダです ~ 川澄奈穂美
なでしこジャパンの川澄奈穂美が考える、小柄な女性アスリートとしての理想の「フィジカル」。
スペクタクルなサッカーをやろうとする気持ち ~ シャビ
リーガ・エスパニョーラ「FCバルセロナ」のサッカーを支えてきたサッカー選手であるチャビのバルサ哲学。
お前たちのような才能があれば、もっとできるはずだ。もっと貪欲に勝利を求めていこう ~ ジョゼ・モウリーニョ
稀代のサッカー指導者であるジョゼ・モウリーニョの「貪欲さ」を表した言葉。
僕は生まれながらの天才ではない、努力の人間なんだ ~ リオネル・メッシ
FCバルセロナで活躍する世界最優秀選手メッシの「努力」についての名言。
バルセロナは美しいプレーをするが、私はマネしない。二番手にはなりたくないからね ~ ジョゼ・モウリーニョ
常に「世界一」を目指すモウリーニョの姿勢が現れた言葉。
ボールを7割支配できれば、8割の試合に勝てる ~ ヨハン・クライフ
ボールポゼッションについて語ったヨハン・クライフの言葉。
1  2  3

関連リンク

あわせて読みたい