「2012年4月」に追加されたスポーツ言葉

悔しかったけど、人間は失敗してその悔しさを糧に成長する ~ 稲葉篤紀
プロ野球選手である稲葉篤紀の失敗に対する姿勢。
打率よりも出塁率を重視する ~ ビリー・ビーン
名GMとして名高いビリー・ビーンが唱える「マネーボール理論」のひとつ。
誰もが自分のリスクを負うことはできるが、誰も他人のリスクを負うことはできない ~ イビチャ・オシム
自分によりかかる「リスク」は自分自身のみが関与できるというリスクマネジメントの本質論。
不運にも、僕もPKを決められなかったけど、明日同じことがあればもう一度蹴るよ ~ セルヒオ・ラモス
セルヒオ・ラモスが、PK失敗の落胆を乗り越えようとする決意のコメント。
痛いの、痒いの、暑いの言ってられないでしょ。日の丸つけてやってんだから ~ 遠藤保仁
日の丸を背負うとはどういうことか?サッカー日本代表のヤット選手が語っています。
ファウルで止めるのは簡単だけど、それでは成長しない ~ 伊東輝悦
サッカー選手である伊東輝悦のファウル数が少ない理由。
よう取った。あとはワシが決めちゃるけん ~ 木村和司
自身最大の武器「フリーキック」の見せ場を獲得してくれたチームメイトにかけた、FKの名手・木村和司の言葉。
オフを作らず、毎日毎日、理想のスイングを追求していくうえで試合は重要 ~ 石川遼
オフシーズンも努力を続ける石川遼の姿勢。
トラップしようか迷ったけど、面倒くさいからシュートした ~ 久保竜彦
元日本代表のサッカー選手である久保竜彦の彼らしいコメント。
最初に泊まった夜は不安で眠れなかった。でも、メジャーの歴史と施設の素晴らしさに感動して『絶対にここで成功してやる』と誓った ~ 野茂英雄
大リーグ挑戦の開拓者的な存在「野茂英雄」。不安の中での挑戦だったことが伝わってくる言葉です。
スカウトは予言師であれ ~ 大屋博行
メジャーリーグの「アリゾナ・ダイヤモンドバックス」、「アトランタ・ブレーブス」で国際スカウトをしている大屋博行の視点。
常に俺はね、『絶対に最後見とけよ!』と思っている ~ 香川真司
サッカー日本代表の香川真司が常に抱き続ける「負けん気」の強さ。
自分のことで誇らしく思うことはないが、他人のことで誇らしく思うことはたまにある ~ イチロー
MLBシアトル・マリナーズのイチローが、マイナー契約からメジャー昇格を勝ち取った川崎宗則を褒め称えたときの言葉。
その人の行動と学び。それを辿ると本当に信じていたかどうかがわかる事が多い ~ 為末大
陸上の為末大が語る、目標を達成できる人間の必須条件「行動」と「学び」。
世界でナンバーワンの投手といえばダルビッシュ、と言われるようになりたい ~ ダルビッシュ有
日本球界のエースとして目指すは「世界ナンバーワン」。ダルビッシュ有の目標。
責任の重さを感じるよりも、やらなければいけないという思いの方が強い ~ 岩渕健輔
ラグビー日本代表の若きゼネラルマネジャー岩渕健輔の責任感。
今回はやり切って、やり切って、ここまでだったと思います ~ 池田浩美
池田浩美(旧姓: 磯﨑)が北京オリンピックで銅メダルを逃した直後に語った「なでしこジャパン」の次の『目標』。
今日はたまたまやっていなかったのかもわからんけども、オレが見ている限りではやってねえぞ ~ 落合博満
落合監督のコーチ陣マネジメント心得。
待つのではなく先に動いて勝機を求めてこそ、サッカーの醍醐味は味わえる ~ 西野朗
サッカー監督である西野朗が最も大切にしているポリシーとは。
『大切なことは勝敗ではない』なんて、おおかた敗者が言う言葉だ ~ マルチナ・ナブラチロワ
女子テニス選手マルチナ・ナブラチロワが語る「勝者のメンタリティ」。
1  2

関連リンク

あわせて読みたい