「2012年5月」に追加されたスポーツ言葉

われいまだ木鶏たりえず ~ 双葉山
偉大なる横綱「双葉山」。69連勝がストップした日に打った、安岡正篤の喩えた「木鶏」から派生したあまりにも有名な電報。
外れるのはカズ、三浦カズ ~ 岡田武史
サッカー日本代表の歴史に刻まれた「ニヨンの屈辱」の岡田武史の言葉。カズの夢が散った瞬間。
僕よりもこの馬を褒めて欲しい ~ 岩田康誠
岩田康誠騎手が日本ダービーを初制覇したときの愛馬を褒め称える嬉し泣きの言葉。
勝つ為に何ができるか。そこを常に意識を置いてやってきたし、これからも変わらない ~ 星翔太
勝つためにできることを常に模索するプロフェッショナルの姿勢を表現した星翔太の言葉。
誰にも文句は言わせない ~ フランク・ランパード
試合内容は劣勢ながらも、ヨーロッパ最強クラブになった直後に語ったランパードの勝者の言葉。
いつも通り、自分が出た試合は勝つというつもりで試合に入った ~ 本田圭佑
本田圭佑が語る勝者が持つべき試合に入るときのメンタリティ。
勝負の神様は細部に宿る ~ 岡田武史
サッカー監督である岡田武史が考える勝敗の分かれ目は、細かいプレーに隠れている。
俺にはフレンドリーな試合なんかないんだよ ~ クアウテモク・ブランコ
メキシコ代表のサッカー選手クアウテモク・ブランコが語る「親善試合」の意味。
間違った心構えでプレーしてる限り、能力があっても負け犬だ ~ ロイ・キーン
サッカー選手に必要なものはまず「気構え」と言い切るロイ・キーンの言葉。
いつか、ワールドカップに出られなかったことが良かったと思えるくらい上手くなる ~ 中村俊輔
フィリップ・トルシエに守備能力を問題視されたため、W杯本大会前に代表落ちした中村俊輔の悔しさ溢れる言葉。
リスクを負わないチャレンジはない。そういう日本人に欠けている哲学の部分を埋めたいと考えていた ~ イビチャ・オシム
イビチャ・オシム監督が日本代表に感じた日本人特有の弱さ。
陰の苦労や苦悩を人前で見せるべきではない ~ 長嶋茂雄
プロ野球選手としての「努力」と「苦労」のあり方を語った長嶋茂雄の言葉。
ここはお前の家なんだから、いつでも戻って来いよ ~ ユルゲン・クロップ
香川真司がドルトムント在籍時の監督であるユルゲン・クロップ。香川真司にかけたハートフルな最後の言葉。
もう一度戦いたい。それが僕のモチベーションだった ~ 北島康介
競泳の北島康介がダーレオーエンの死に触れて語ったモチベーションの言葉。
ただプレーがしたい、野球がしたい、という気持ちだけ ~ 松井秀喜
マイナー契約からのスタートを決断した松井秀喜の野球への熱き想い。
今まで関わったすべてのクラブ、選手、スタッフ、ファンに感謝したい ~ ルート・ファン・ニステルローイ
ルート・ファン・ニステルローイが引退会見で口にした周囲の人への感謝の言葉。
3人で五輪切符を取ることができてうれしい。涙が出た ~ 田中理恵
体操競技で3人兄妹揃ってのロンドンオリンピック出場を決めた田中理恵の喜びの言葉。
Jリーグの試合でしっかり、反則を指摘していきたい ~ 上川徹
元サッカー審判員である上川徹が、Jリーグ・Jリーガー発展のために取ったジャッジの基準。
自分自身の人生を謳歌しましょう。人の人生は自分の人生ではないのです ~ 為末大
陸上競技選手である為末大の人生における「自分らしさ」の秘訣。
自分に妥協しない ~ 青木功
日本ゴルフ界の中でも際立つそのキャリア、青木功の妥協なきプロとしての心構え。
1  2

関連リンク

あわせて読みたい