監督になると本が読めない ~ 野村克也

名将として数々の成績を残した野村克也が語る、監督としての苦悩の1つ「読書」。

"野村克也"のコトバから読み解くモノ

プロ野球監督・元選手、そして解説者である野村克也の名言。

プロ監督として、四六時中、チームのことが頭をよぎる立場。

そんな生活をしていると、仮に読書を始めても、すぐにページをめくる手が止まるらしい。

指揮官だけが味わう"苦悩"が表現された言葉です。

野村克也全ボヤキ&名言ノート
野村克也全ボヤキ&名言ノート

この言葉に関連するスポーツの言葉

関連リンク

あわせて読みたい