指導で気をつけなければならないことは、自分の目で見て足りないことばかりに手を出さないことです ~ 風間八宏

「選手に指導する際に、どのポイントを指導していくか」を考えた際の言葉。

"風間八宏"のコトバから読み解くモノ

サッカー指導者、サッカー解説者である風間八宏の名言。

指導者としての信条が語られています。

この言葉に続き『そのような方法では抜けた個性は出てきませんし、永遠に何かが足りないままです』と語っています。

『その指導者自身のコピーを作るな!!』という風間八宏さんの指導者としての育成方針を表現しているのでしょう。

風間八宏 フットボールクリニック Vol.1「止める」
風間八宏 フットボールクリニック Vol.1「止める」

この言葉に関連するスポーツの言葉

関連リンク

あわせて読みたい