オレはいつも悔いを残さないようにやってきた ~ 落合博満

2011年で中日ドラゴンズ監督の座を追われた落合博満が自分の仕事を振り返って漏らした言葉。

"落合博満"のコトバから読み解くモノ

2011年シーズンを最後に中日ドラゴンズを退団する際に、悔しさはあっても後悔の念はないことを表現した落合博満の言葉。

全神経をドラゴンズの指揮に注いだことがわかるオレ流の表現。

この言葉に関連するスポーツの言葉

関連リンク

あわせて読みたい