なにかを極めるとき、人は無傷ではいられない ~ 吉田秀彦

柔道の金メダリスト、そして総合格闘家としても成功を収めた吉田秀彦がプロフェッショナルとして傷を負うことの意味を伝えた言葉。

"吉田秀彦"のコトバから読み解くモノ

柔道家からプロ格闘家に転向し活躍した吉田秀彦の名言。

頂点を目指す、挑戦する時、必ず失敗・挫折を経験する。

そのときに傷を負いながらも、再び立ち向かっていけるか、そこが道を極めれるか、その世界の一流になれるかの境目。

吉田秀彦・決戦!戦いの軌跡
吉田秀彦・決戦!戦いの軌跡

この言葉に関連するスポーツの言葉

関連リンク

あわせて読みたい