いくら素晴らしいセーブを見せても、試合が終わったときのスコアがすべてだ ~ イケル・カシージャス

世界最高峰のゴールキーパーであるイケル・カシージャスが語る1失点の重み。

"イケル・カシージャス"のコトバから読み解くモノ

スペイン代表の絶対的守護神であるイケル・カシージャスの名言。

レアル・マドリード、スペイン代表の最後の砦として試合を決めるセーブを連発するカシージャス。

しかし、ゴールキーパーというポジション柄、ファインセーブを何度見せても、試合終了時点のトータルスコアで負けていては全く意味がない。

1点の重みを知るGKの言葉です。

WCCF 06-07 レアル・マドリード Iker CASILLAS/イケル・カシージャス
WCCF 06-07 レアル・マドリード Iker CASILLAS/イケル・カシージャス

この言葉に関連するスポーツの言葉

関連リンク

あわせて読みたい