小さな隙の積み重ねが勝敗の80%を決める ~ 岡田武史

岡田武史が監督として考える勝敗を決する要素。

"岡田武史"のコトバから読み解くモノ

サッカー監督である岡田武史の名言。

日本人はサッカーだけに限らず、勝負事に「戦略」などの大局的な話を持ってくるのが好きなタイプの人が多い。

しかし、実際に試合の勝敗がどちらのチームに転ぶかを決めるのは実は細かいプレー。

  • あそこでスライディングすれば失点しなかった
  • ここでノートラップでシュートを打てば決めれた
  • 簡単なコーチングの声を怠ってしまった

ギリギリで勝つか、負けるかを分ける「プレーの勝負所」。

この隙を埋めれる選手が多いチームが最後には勝つ。

勝負哲学
勝負哲学

この言葉に関連するスポーツの言葉

関連リンク

あわせて読みたい