勝負の神様は細部に宿る ~ 岡田武史

岡田武史が考える勝負を決する要因とは?

"岡田武史"のコトバから読み解くモノ

サッカー監督である岡田武史の名言。

戦術論、組織論などの大枠の話でサッカーの勝敗が決まるのではなく、本当の勝負のポイントはもっと細かいところにあるんだという岡田武史の理論。

それは例えば「あそこでパスを出していれば点を取れていた」や「あそこでスライディングしておけば負けなかった」などの些細なプレーを指す。

ただ、現実のサッカーの試合では、そうした細部にこそ、勝敗を分ける勝因・敗因が色濃く現れる。

岡田武史というリーダー
岡田武史というリーダー

この言葉に関連するスポーツの言葉

関連リンク

あわせて読みたい