オレも、巨人を相手にする試合とか、魂をぶつけていた ~ 星野仙一

2011年、沢村賞を獲得した田中将大が選考会議からマナーを問われた件について、星野仙一が「闘志前面」の姿勢を擁護した言葉。

"星野仙一"のコトバから読み解くモノ

さすが闘将・星野仙一。

現役時代のピッチングは気合が前面に出てましたね。

その頃に比べると、丸く収まる人間が増えたのかもしれません。

この言葉に関連するスポーツの言葉

関連リンク

あわせて読みたい