「猫ひろし」改め「チュマール(カンボジア語で猫)ひろし」でした ~ 猫ひろし

2012年のロンドン五輪マラソン代表を目指しタレントの猫ひろしがカンボジア国籍を取得したことを自らのツイッターで報告した時の言葉。

"猫ひろし"のコトバから読み解くモノ

帰化しての代表選手は種目問わず、また国も問わずに行われていることです。

それが今回はもともと芸能人であった"猫ひろし"だから余計にクローズアップされた感じですね。

相手方のカンボジア政府が歓迎して推薦をしてくれているのであれば外野は何も言わないのがいいのではないかなぁと。

この言葉に関連するスポーツの言葉

関連リンク

あわせて読みたい