名刺を取られて無一文になったが、心は晴れ晴れとしています ~ 清武英利

球団代表兼ゼネラルマネジャーの職を解任された翌日となる2011年11月19日に、清武英利が母校・県立宮崎南高校で行った講演中の言葉。

"清武英利"のコトバから読み解くモノ

清武英利元巨人軍GMが解任翌日に行った講演での言葉。

ナベツネへの反乱から解任されたあと、ある意味"自由の身"となった心境を語っています。

反乱劇がいいか悪いかは、その人の立場により180度変わると思いますが、「反省しない」といい、自分を貫き通す姿勢は素晴らしいですね。

この言葉に関連するスポーツの言葉

関連リンク

あわせて読みたい