自分はプロ。こんな試合に挑むためにハードな練習をしている ~ ノバク・ジョコビッチ

2012年1月の全豪オープンテニスを制したノバク・ジョコビッチが6時間近くかかった決勝戦を振り返っての一言。

"ノバク・ジョコビッチ"のコトバから読み解くモノ

テニスプレーヤーであるノバク・ジョコビッチの名言。

2012年の全豪オープンテニスの男子シングルス決勝。

世界ランキング1位のジョコビッチと2位のナダルの決勝戦。

四大大会決勝としての史上最長時間となる「5時間53分」の死闘を制したジョコビッチ。

6時間あまりの試合を終えて、プロ意識の高さを示した言葉。

この言葉に関連するスポーツの言葉

関連リンク

あわせて読みたい