全ては一回しか無いというそのせつなさが、スポーツの現場には表現されているような気がしている ~ 為末大

為末大が語るスポーツの現場から見える「人生」。

"為末大"のコトバから読み解くモノ

陸上競技選手である為末大の名言。

個人競技、そしてスタートからゴールまで駆け抜ける陸上トラック選手が言うとより一層説得力が増しますね。

人生も、人それぞれ距離が違えど、スタートのピストルからゴールまで後戻りがないということは変わりませんね。

走りながら考える[為末大]
走りながら考える[為末大]

この言葉に関連するスポーツの言葉

関連リンク

あわせて読みたい