プレッシャーに耐えないと強い選手にはなれない ~ 川内優輝

「市民ランナーの星」と呼ばれる川内優輝が語る一般人から見たプレッシャー。

"川内優輝"のコトバから読み解くモノ

マラソン選手である川内優輝の名言。

2011年の東京マラソンで一躍"時の人"となった市民ランナー。

24歳の公務員ランナーの環境は激変し、練習中からカメラを向けられる日常。

そんな外部環境の変化を成長への糧として受け入れた心境を語った言葉。

走れ、優輝!
走れ、優輝!

この言葉に関連するスポーツの言葉

関連リンク

あわせて読みたい