鳥肌が立った。自分が一番興奮している。いろいろ言われてきたので、見返そうとやってきた ~ 松田宣浩

2011年11月4日、パ・リーグクライマックスシリーズのファイナルステージ第2戦で飛び出した松田宣浩の代打満塁弾。

"松田宣浩"のコトバから読み解くモノ

誹謗中傷も受けてきた主砲の意地の一発。

クライマックスシリーズ制となって以降初めてとなる代打グランドスラムを放った日のヒーローインタビューでのコメント。

クライマックスシリーズ前の9月に骨折をして、そこからの復活という点でも"気持ち"を感じさせるホームランでしたね。

この言葉に関連するスポーツの言葉

関連リンク

あわせて読みたい