「才能」について述べられたスポーツ言葉

伝える力を持っている選手が一流 ~ 五島聡
「自分がいま何をすれば、観客に伝わるか」を知っている選手が一流である。
手本は必要ない。自分自身に集中する方がいい ~ ジョゼ・モウリーニョ
ジョゼ・モウリーニョが手本とする人物はいない。モウリーニョはいつも自分にフォーカスしている。
全く同じ選手が存在しないのと同様に同じ監督というのは存在しない ~ アルベルト・ザッケローニ
アルベルト・ザッケローニの哲学『同じ指導者はいない』。
父からは「決して自分の力を過信してはいけない。ただ、自分を過小評価してもいけない」とよく言われたものだ ~ シャビ・アロンソ
サッカースペイン代表のシャビ・アロンソが父親に言われた、適切な自信の持ち方についての言葉。
間違った心構えでプレーしてる限り、能力があっても負け犬だ ~ ロイ・キーン
サッカー選手に必要なものはまず「気構え」と言い切るロイ・キーンの言葉。
自分自身の人生を謳歌しましょう。人の人生は自分の人生ではないのです ~ 為末大
陸上競技選手である為末大の人生における「自分らしさ」の秘訣。
スカウトは予言師であれ ~ 大屋博行
メジャーリーグの「アリゾナ・ダイヤモンドバックス」、「アトランタ・ブレーブス」で国際スカウトをしている大屋博行の視点。
誰かいるやろ ~ 比嘉祐介
ロンドン五輪最終予選ホーム国立でのシリア戦で見せたクロスについて、「意外性」の片鱗を見せた比嘉祐介のコメント。
ボールの感触は、女性の愛撫のようだ ~ エリック・カントナ
フランス代表・マンUで活躍した元サッカー選手であるエリック・カントナのボールテクニックについての言葉。
1つの試合に負けたからといって、簡単に信念を変えることはない。それこそが才能だ ~ ジョゼ・モウリーニョ
サッカー監督であるジョゼ・モウリーニョの信念を支えているそのものが「才能」。
1

関連リンク

あわせて読みたい