甲子園は自分を大きくしてくれたと思っています ~ 松坂大輔

1998年夏の甲子園。782球を投げきり優勝を掴んだ松坂大輔にとっての甲子園という存在とは。

"松坂大輔"のコトバから読み解くモノ

プロ野球選手である松坂大輔の名言。

"平成の怪物"として、甲子園に旋風を起こした高校時代。

高校3年で迎えた、第80回全国高等学校野球選手権大会。

史上2人目となる決勝戦でのノーヒットノーラン達成など、ファンを魅了した松坂自身が『成長した』と語った、まさに松坂大輔のための大会だった。

同時に「一番になりたい」という想いも強くしたという。

どこまで羽ばたくか!?松坂大輔[藤田大輔]
どこまで羽ばたくか!?松坂大輔[藤田大輔]

この言葉に関連するスポーツの言葉

関連リンク

あわせて読みたい