「移籍」について述べられたスポーツ言葉

日本では苦しいことばかりだったから、最後に野球を楽しみたいと思った ~ G.G.佐藤
NPBの西武ライオンズから解雇されたG.G.佐藤が、海を渡る決断をしたときの心境とは。
マリナーズのユニホームを脱ぐと想像したときに大変寂しい想いになったし、今回の決断は大変難しいものだった ~ イチロー
マリナーズを退団する際のイチローの会見での言葉。想いが詰まっています。
ここはお前の家なんだから、いつでも戻って来いよ ~ ユルゲン・クロップ
香川真司がドルトムント在籍時の監督であるユルゲン・クロップ。香川真司にかけたハートフルな最後の言葉。
ただプレーがしたい、野球がしたい、という気持ちだけ ~ 松井秀喜
マイナー契約からのスタートを決断した松井秀喜の野球への熱き想い。
普通にやって試合に出られる繰り返しの毎日が嫌だったから、こっちに来た ~ 内田篤人
海外移籍に至った心境を語った内田篤人の言葉。
僕は勝負がしたい。モチベーションを保つのが難しくなっている ~ ダルビッシュ有
5年連続防御率1点台を誇る、日本プロ野球界の大エースであるダルビッシュ有がMLBに挑む気持ちを表現した言葉。
『出会いがあれば別れもある』と思いますが、ただ、ぼくはみなさんと別れるつもりはありません ~ 長友佑都
長友佑都が語った、FC東京サポへの最後の挨拶。
勝ちたいという自分の気持ちに嘘はつけない ~ 村田修一
村田修一が巨人への移籍を決断した時の想い。
レギュラーが保証をされているところでやっても意味がない ~ 長谷部誠
サッカー選手としての大きな成長を得るため、「レギュラー」かどうかわからない環境を選んだ長谷部誠。
1

関連リンク

あわせて読みたい